土用の丑の日とうなぎの旬は?

うな重

土用の丑の日はいつ?

日本の伝統で、土用の丑の日は、うなぎを食べます。今では当たり前過ぎる、夏の恒例イベントです。

毎年、大手スーパーなどで、「土用の丑の日」ののぼりやポップともにうなぎが山のように売られますが、そもそも土用の丑の日の意味をご存知ですか?

「土用」というのは、「五行説」に由来します。

うなぎ重箱「五行説」とは、中国が起源とされている思想で、万物は木・火・土・金・水の5つの元素から成り立つと考える五行思想になぞらえて、春を「木気」、夏を「火気」、秋を「金気」、冬を「水気」としました。

そして、「土気」を季節の変わり目に当てこみ、「立春」「立夏」「立秋」「立冬」の前の約18日間が、土用の時期と呼ばれるようになったのです。

また、「丑の日」とは、十二支の「丑」のことを指します。十二支は、「年」だけでなく「日」にもあてはめることができます。「土用の丑の日」とは、「土用」の期間の「丑」の日になります。

夏の土用は、立秋の直前である現在の7月半ば~8月頭にかけての時期で、この期間内の丑の日が「土用の丑の日」になるということです。

うなぎの旬はいつ?

うなぎ武士うなぎが最もおいしいとされる旬の時期は、冬眠に向けて養分をたっぷり蓄える秋の終わりから初冬にかけてです。

しかし、なぜ旬でもないのに夏の土用の丑の日に、うなぎを食べる伝統があるのでしょうか?これは有名な話ですが、幕末の万能学者、平賀源内とうなぎ屋のやりとりが大きく関わっています。

夏場に味が落ちて脂っぽくなった、うなぎの売上が少なくて困っていたうなぎ屋の店主が平賀源内に相談したところ、「本日、土用の丑の日」と書いて貼り紙をするよう指示をされました。

店主はさっそくその通りに軒先に貼り紙をしました。

すると、うなぎ屋が大繁盛し、それを見ていた他のうなぎ屋も便乗して同じことをし、「夏の土用の丑の日はうなぎを食べる」ということが根付いていったという話です。

奈良~平安時代の「万葉集」にも、滋養強壮に良い食べ物として登場しているほど、うなぎは古くから日本人に愛されてきました。

土用しじみとは?

うなぎと同じように滋養強壮の食品としてしじみも重宝されてきました。

しじみは、冬が旬の種類と、夏が旬のものがあり、夏が旬のしじみはうなぎ同様に「土用しじみ」と呼ばれます。

うなぎ桶しじみは、太古の昔から「腹の薬」とも言われていて、胃腸の調子を良くするために食べられていました。
「五行説」で、「土」は季節の変わり目にあたりますが、からだの部分で言うと、「胃腸」になります。

つまり、五行説の考えでは、「土用の時期は胃腸が弱くなる」となるのです。

胃腸が弱ると、必要な栄養分の消化・吸収が低下しますから、体調不良の引き金になります。

土用の丑の日は、胃腸のためにしじみ汁を飲み、滋養強壮のためにうなぎを食べるという組み合わせがからだにとって最強です!

最近は、温暖化で暑い日が10月くらいまで続きますが、土用の丑の日は暦の上では、季節の変わり目です。うなぎを食べるのとともに、自分自身の体調を振り返ってみる日にすると、良いかもしれません。


PAGE TOP