2016 土用の丑の日 うなぎ通販ニュース

この夏、安くてうまいウナギを食べたいなら愛知県西尾市一色町へ行くしかない!【一色うなぎ】

うなぎ蒲焼き

暑い夏に食べたくなるのが、うなぎ。そういえば、今年7月30日(土)は土用の丑の日だ。

東海地方では、静岡県の浜名湖うなぎが全国的に有名だが、実は愛知県もうなぎの養殖が盛んであることをご存じだろうか? 西三河地方の西尾市一色町の「一色うなぎ」がそれだ。一色うなぎ漁業協同組合によると、昨年の生産量は約4,600トンと、全国の生産量の20%を占める。

つまり国産うなぎの5尾に1尾は一色産ということになる。(あくまで計算上)

一色町で養鰻(ようまん)がはじまったのは100年以上前の明治37(1904)年。昭和34(1959)年の伊勢湾台風で被災した農地をうなぎの養殖池に転用してから発展した。昭和40年代頃までは稚魚から育てた幼魚を県外の養鰻業者に販売していたが、現在では約100軒の業者が「一色うなぎ」のブランド化に力を注いでいる。
続きはこちらから>>> メシ通

牛丼チェーンの鰻重、鰻丼を食べ比べた。すべて1000円以下
丑の日は格安うなぎ!吉野家vsすき家vsなか卯 徹底比較

うなぎファーストフード

今年の土用の丑の日は7月30日(土)。うなぎを食べる予定はありますか? 最近、うなぎはますます希少になり値段も高騰しつつあります。とはいえ、縁起物なので、なんとか安めに食べたい。そんな人にオススメなのが、牛丼チェーンの鰻重、鰻丼。1000円以下という価格の安さももとより、牛丼屋さんなのでひとりでフラッと食べに入れます。

 大手牛丼チェーンでうなぎメニューがあるのは、吉野家、すき家、なか卯の3つ。どれも安めな価格設定ですが、いったいどこが最もパフォーマンスがよいでしょうか? 比較してみました!
続きはこちらから>>> 寅年生まれ肉食ナベコの「なんでも食べてみる」

今週末は土用の丑の日、うなぎを食べながら映画観賞するイベント『ウナギ映画祭』が面白そう!

ウナギ映画祭

今夏の土用の丑の日は、7月30日(土)。この日を交えた3日間に行われるのが、ウナギを食べながら映画を観賞できるイベント、その名も『ウナギ映画祭』!

7月29日(金)から31日(日)まで、東京表参道にあるフードコート「COMMUNE246」で開催される『ウナギ映画祭』。主催するのは、大分県で無投薬養殖を行っている山田水産株式会社です。
続きはこちらから>>> 【入場無料】今週末は土用の丑の日、うなぎを食べながら映画観賞するイベント『ウナギ映画祭』が面白そう!


PAGE TOP