うなぎ蒲焼き輸入が急増=シラスウナギ豊漁で

うなぎお取り寄せ人気

どうもうなぎが豊漁らしい…..?

ウナギのかば焼きの輸入量が5年ぶりの水準に急増している。養殖に必要な稚魚「シラスウナギ」の漁獲量が昨年回復し、中国でかば焼きの生産が増えていることが背景にある。輸入価格も下がり、土用の丑(うし)の日を楽しみにしている人には朗報。ただ、稚魚の乱獲の影響もあり、長期的な輸入減少トレンドに歯止めがかかったとは言えない状況だ。
財務省・東京税関によると、2015年1~5月に輸入された、かば焼きを中心とするウナギ調整品は日本全体で7418トンに上った。これは前年同期の1.5倍に当たり、10年の同時期(1万1893トン)以来の高水準となった。輸入品の9割は中国製となっている。
日本鰻輸入組合(東京)は、かば焼きの輸入が今年増えた理由について「不漁が続いてきたシラスウナギが14年に豊漁となり、養殖するウナギが増えたため」と指摘している。
一方、輸入価格は1~5月平均で1キロ当たり2613円となり、前年同期の2800円より安くなった。しかし、ピークの12年(3219円)からは約600円しか下がっておらず、円安の影響などから高止まりしている。

http://newsbiz.yahoo.co.jp/detail?a=20150721-00000014-jijnb_st-nb

でも、輸入ウナギは食べたくない。中国産でさんざんイヤな思いをしてるし

やっぱりうなぎは国産限る、絶対に。
ちょっと値段は張るけど、土用の丑の日は日本の文化だ!

クソ暑い夏に頑張る自分へのご褒美でうなぎを食べるいいじゃないか、大事な家族のためにうなぎを贈るぞ!心を込めたギフトだ。
スーパーはしょぼいうなぎしか置いてないのでうなぎお取り寄せ人気のショップからうなぎ通販でお取り寄せするのだ!


20匹に1匹の幻のアオテうなぎ


PAGE TOP